《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 1026
峠名 上根峠
読み かみねとう
行政区 広島県高田郡八千代町
東経 132 度 34 分 45.000 秒 / 132.5791667
北緯 34 度 34 分 58.000 秒 / 34.58277778
標高 265
図版番号 NI-52-115-5-4
2.5万図 可部(NI-53-33-5-4 広島5号-4)
5万図 可部
20万図 広島
道路種別
タグ 分水嶺
出典 ふるさとの峠と街道,地形図
航空写真 CCG-88-1-C22-13 / CCG-74-8-C7-37 / CCG-74-8-C8B-10, 11 / CCG-74-8-C8C-2, 3†, 4
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経132度34分45秒, 北緯34度34分58秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 寛永十年(1633)に雲石街道(脇街道)として広島藩が指定。広島方面から根の谷川沿いに登り、峠の手前で一気に登りあげる峠道は難所として知られた。新道建設は明治十七年(1884)から始まっているが、明治十九年に峠前後の測量と工事に着手。二回三回と工事が進められ、二十二年に四回目の工事に着手し、翌年に高低差66mを37のカーブで登り上げる道が完成している。二十六年に県道昇格、引き続いて敷石工事が行なわれ、明治三十五年に完了。約一キロにわたる敷石の道は、当時、神奈川の箱根峠とここだけだったという。
 明治から大正にかけては馬車や荷車の往来で賑わい、米や炭といった生活必需品がこの峠を越えた。大正四年(1915)に芸備鉄道が広島と三次を結び、自動車交通が盛んになるにしたがって峠は廃れていく。昭和八年にこの峠を古里へ向かった歌人・中村憲吉は次のような歌を残している。

「われ久に通らざりけり旧県道 峠の宿はすたれけるかも」

 昭和15年から三ヵ年かけて峠区間が改修され、現54283854446255