《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 1741
峠名 桧和田峠
読み ひわだとうげ
行政区 福島県南会津郡下郷町大内/大沼郡会津高田町東尾岐
東経 139 度 49 分 55.000 秒 / 139.8320306
北緯 37 度 20 分 19.000 秒 / 37.33865278
標高 920
図版番号 NJ-53-73-4-4
2.5万図 東尾岐(南東)
5万図 若松
20万図 新潟
道路種別
タグ
出典 地形図(1/5万 H2修正図)
航空写真 CTO-75-30-C48-8 / CTO-76-26-C16A-32 / CTO-76-26-C17A-28, 29†, 30 / CTO-76-27-C1C-16, 17, 18†, 19
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経139度49分55秒, 北緯37度20分19秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概略

下郷町の大内宿と会津高田町桧和田との境にある山道の峠。

■走行記録

2000/11/04に桧和田集落側から登ろうとしたが、入口が判らず、4hrくらい山の中をさまよったあげく敗退した。大内側から登る方が、道が判りやすい。大内集落から林道で登り、途中から山道になる。広い谷に出ると正面の鞍部が桧和田峠。道は、峠に向かって谷の左側にあるようだった。峠から桧和田側は、木が横に生えたような廃道で、途中までつづら道を辿るが、ついにあきらめて谷底まで直滑降で担ぎおろす。谷筋に沿って歩いていると、踏み跡が現れて乗れるようになる。と、突然林道に出る(桧和田集からだと、この林道からの入り口が、まず判らない)。林道を右へ下ると、沢を渡って、対岸の林道と合流し、これをさらに下ると桧和田集落に出た。(吉永)