《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 2334
峠名 烏帽子掛峠
読み えぼしかけとうげ
行政区 栃木県那須郡馬頭町大那地〜茨城県那珂郡美和村小田野/高部
東経 140 度 16 分 1.000 秒 / 140.2670167
北緯 36 度 42 分 8.000 秒 / 36.702375
標高 372
図版番号 NJ-53-65-12-4
2.5万図 常陸大沢(南西)
5万図 大子
20万図 白河
道路種別
タグ
出典 地形図,茨城の峠
航空写真 CKT-75-7-C11B-24 / CKT-75-7-C15B-7, 8†, 9 / CKT-75-7-C16B-13, 14, 15
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経140度16分1秒, 北緯36度42分8秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 周の時代、皇后に取り憑いた金毛九尾の狐。后の死後遣唐使について日本に渡り、玉藻前という美女になりかわって宮廷に仕えたが、陰陽師に見抜かれて下野国は那須野ヶ原に逃げ込む。そうして久寿二年(1155)、相模国の三浦大介という人物が朝命によってこの狐を退治。帰りがけに烏帽子をかけて休憩したのがこの峠だという。(「茨城の峠」)
 出典にはないが、歌舞伎や謡曲『殺生石』等のことであろう。