《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 2799
峠名 相栗峠
読み あいくりとうげ
行政区 徳島県美馬市美馬清田/脇平帽子〜香川県高松市塩江町上西甲
東経 134 度 4 分 31.000 秒 / 134.07545
北緯 34 度 7 分 3.000 秒 / 34.11757778
標高 569
図版番号 NI-52-105-16-3
2.5万図 讃岐塩江(南東)
5万図 脇町
20万図 徳島
道路種別
タグ 分水嶺
出典 地形図,阿波の交通(上),峠の石造民俗
航空写真 CSI-74-9-C9A-43, 44, 45 / CSI-74-9-C10-45, 46†, 47
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経134度4分31秒, 北緯34度7分3秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■関連リンク

 大坂越、清水越、猪ノ鼻峠に次いで交通の盛んだった道。峠には木製座像の大師像をまつった大師堂、香川県側には地蔵尊も残る。
 「坂をよち谷をくたり、かれこれして合栗なる所にいたる。是阿讃の界なり。相伝ふ、むかしここに栗の樹あり、両国の人相ともに其栗をひろひし故名くとなり」(菊地武矩「祖谷紀行」:寛政五年(1739)に祖谷を旅した記録)
(「阿波の交通(上))