《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 3205
峠名 三郷越
読み さんごうごえ
行政区 高知県長岡郡本山町木能津/香美市土佐山田町樫谷
東経 133 度 38 分 17.000 秒 / 133.6380556
北緯 33 度 43 分 14.000 秒 / 33.72055556
標高 961
図版番号 NI-52-111-6-2
2.5万図 繁藤(北西)
5万図 本山
20万図 高知
道路種別
タグ
出典 土佐の峠風土記,地形図
航空写真 CSI-75-12-C14A-33 / CSI-75-12-C14B-4, 5 / CSI-75-12-C15-31, 32†, 33, 34 / CSI-75-12-C16-32, 33, 34
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経133度38分17秒, 北緯33度43分14秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 地形図には記載がなく、出典の著者が命名。他にも地蔵峠(明治十五年の銘のある地蔵様が峠にある)、国見峠(国見山の東の鞍部を越える)といった呼び名もあるようだ。
 土佐藩の木材運搬は吉野川の川流しを主に利用していたが、洪水の時など下流の阿波藩に迷惑をかけるので、本山の″木能津″で流木を引き上げ、この峠を越して送ることもあったという。ただし手間がかかるため、あまり長くは続かなかったようだ。(こうした流し木は完全に集約されることはなかったようで、柳田國男の著述のどこかで吉野川流域の人々が河原に打ち上げられた流し木を拾い集めて利用している光景が記されてあったように記憶している)