《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 3218
峠名 四郎ヶ野峠
読み しろうがのとうげ
行政区 高知県安芸郡北川村安倉/東洋町野根
東経 134 度 12 分 46.000 秒 / 134.2129917
北緯 33 度 30 分 22.000 秒 / 33.50629722
標高 456
図版番号 NI-52-106-15-2
2.5万図 名留川(南東)
5万図 馬路
20万図 剣山
道路種別
タグ
出典 地形図,土佐の峠風土記,土佐の峠風土記
航空写真 CSI-75-7-C6-4† / CSI-75-13-C17-21 / CSI-75-13-C18-18, 19, 20
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経134度12分46秒, 北緯33度30分22秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 野根山街道の東端の峠。街道はこの周辺で何度か大きなルート変更があったらしく、その三代目として開かれた尾根道がこの峠から東へ下ったようだ。東側(東洋町側)には「左手ヶ坂」と呼ばれる急坂の難所があり、殿様のカゴの担ぎ手は前後にかつぐことができないため、横に担いで登った。片方は右肩、もう一方は左肩に担ぐことになるわけだ。担ぎ手として使役した野根郷の村人は、この時のために日頃からモノを左に担いで左肩を鍛えていたとも伝えられている。(以上「土佐の峠風土記」より)