《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 4426
峠名 十石峠
読み じっこくとうげ
行政区 群馬県多野郡上野村楢原〜長野県南佐久郡佐久町大日向
東経 138 度 38 分 50.000 秒 / 138.6474694
北緯 36 度 6 分 22.000 秒 / 36.10635278
標高 1352
図版番号 NJ-53-83-8-1
2.5万図 十石峠(南西)
5万図 十石峠
20万図 長野
道路種別
タグ 分水嶺
出典 地形図,日本百名峠
航空写真 CCB-76-17-C26-2 / CCB-76-10-C15A-14 / CCB-76-10-C15B-1, 2†, 3 / CCB-76-10-C16-12, 13, 14
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経138度38分50秒, 北緯36度6分22秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 秩父事件に関心を持つ出典の著者(布川欣一)はたびたびこの峠の旧街道を越えている。以下、「日本百名峠」より秩父事件のあらまし。

 明治十七年十一月一日、埼玉県秩父山塊の渓谷の村々から、養蚕農民を主力とする秩父困民党が、年余に及ぶ準備を経て蜂起した。国会開設・自由民権を謳う板垣退助の自由党解党の三日後のことである。下吉田村(現、秩父郡吉田町下吉田)椋神社に集結、組織と厳しい軍律を整えた野良着の軍隊(総理・田代栄助、副総理・加藤織平、参謀長・菊地貫平、会計長・井上伝蔵)は、万余にふくらんで郡都・大宮郷(現、秩父市)を「無政の郷」と化し、繰り出した帝国陸軍との銃撃に勝利さえ収める。四日の本陣解体後、大野苗吉らの一隊は金屋(埼玉県児玉町)で激戦を展開して敗れるが、菊地貫平、坂本宗作らの一隊は屋久峠から群馬県神流川の渓谷へ、さらに十石峠を越えて長野県佐久平へ進出し、各地の農民をその隊伍に加える。そして九日、八ヶ岳山麓における高崎鎮台との中激戦で壊滅する。
 秩父困民党が武装蜂起にまで訴えて掲げた要求は、高利貸への負債十ヵ年