《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 6223
峠名 卯辰越
読み うたつごえ
行政区 徳島県鳴門市北灘町折野/大麻町桧
東経 134 度 29 分 1.000 秒 / 134.4838806
北緯 34 度 10 分 42.000 秒 / 34.17843889
標高 221
図版番号 NI-52-105-11-2
2.5万図 引田(南東)
5万図 三本松
20万図 徳島
道路種別
タグ
出典
航空写真 CSI-76-1-C8B-29 / CSI-74-8-C5-30, 31 / CSI-74-8-C6B-10, 11†, 12
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経134度29分1秒, 北緯34度10分42秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 出典では「県北の難所の一つ」として紹介されている。現在の車道の峠より東に200mほどのところに旧峠があるという。峠には御龍石という神石があり、これがなまって卯辰越になったとされる。

 此のおたついし、折野村桧村境の峰にあり、昔弘法大師四国をめぐり給う時、坂東村霊山寺に宿り給う、折から日照りにて百姓共嘆き悲しむ、大師不便に思召此峯にて雨乞し給うに龍神あらわれ給い雨降ること三日三夜、百姓悦ぶこと限りなし、龍神現れ給いし所に石を建て御龍石と尊号し、其以来此の所をお龍越という」(鳴門戸部集・寛政七年(1795)写本)
(以上「徳島の交通(上)」より)

■関連リンク

分水嶺辞典・卯辰越