《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 887
峠名 三国峠
読み みくにとうげ
行政区 新潟県南魚沼郡湯沢町三国〜群馬県利根郡新治村永井
東経 138 度 49 分 20.000 秒 / 138.8224278
北緯 36 度 45 分 58.000 秒 / 36.76628333
標高 1301
図版番号 NJ-53-82-4-3
2.5万図 三国峠(南東)
5万図 四万
20万図 高田
道路種別 国道17号
タグ 分水嶺
出典 地形図,峠の民俗地誌,峠の道路史,日本百名峠
航空写真 CKT-75-11-C10B-12 / CCB-76-8-C11B-18, 19 / CCB-76-8-C12-34†, 35
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経138度49分20秒, 北緯36度45分58秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 関東と越後、佐渡を結ぶ三国街道。文明18年(1486)の道興准后の「廻国雑記」に越後から越えた記録があるほか、さまざまな文献に紹介されており、古くから知られた峠であった。戦国時代は上杉謙信の軍が越え、また滝川一益と上杉勢の戦い「三国峠合戦(滝川合戦)の舞台となっている。近世には五街道に次ぐ重要路として整備され、長岡藩、村松藩の参勤交代、佐渡奉行や新潟奉行の往来もあった。
 明治に入ると東の清水峠が国道として整備され(明治18年)、一時的に衰退。だが清水越新道も積雪による破損がひどくて通行困難になり、三国峠越えが再び盛んになった。明治26年に鉄道信越線が、昭和6年に上越線が開通し再び衰退。
 戦後の道路整備事業が本格化した時、13号雄勝峠、29号戸倉峠と並び「自動車の通れない国道の三大峠」として整備が急がれた。昭和27年に着工、延長1218mの三国トンネル、日本初のクロソイド曲線を利用したカーブなどをふくむ車道が開通したのは34年6月のことであった。

 旧峠には三国権現を祭る祠があるが、古くは上州一の宮の貫前神社(経津主命)、越後一の宮の弥彦神社、信州一

pdbq