《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 1863
峠名 沓掛峠
読み くつかけとうげ
行政区 福島県耶麻郡山都町蓬莱
東経 139 度 43 分 12.000 秒 / 139.7201139
北緯 37 度 40 分 29.000 秒 / 37.67486111
標高 515
図版番号 NJ-53-73-6-2
2.5万図 飯里(南東)
5万図 大日岳
20万図 新潟
道路種別
タグ
出典 地形図(1/5万 S62修正図)
航空写真 CTO-76-25-C18-33 / CTO-76-24-C8-34† / CTO-76-25-C4A-1 / CTO-76-25-C5-1† / CTO-76-25-C6-1, 2, 3 / CTO-76-26-C1-18, 19†, 20
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経139度43分12秒, 北緯37度40分29秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概略

山都町蓬莱の、中反と入深沢との間にある破線路の峠。

■走行記録

蓬莱(国道沿いの標示板では中反)の集落には、「右 津川、左堂山」の石柱がある。ここの分岐を山側のコンクリートに入る。ダートになったりコンクリートになったりを繰り返し、最初の左ヘアピンカーブ(ここは連続して3回ヘアピンがあるが、一番最初)にある分岐を、直進するように脇道に入る。この分岐から沓掛峠までは1.1km。最初の0.7kmはランドナーでも何とか乗れる。残り0.4kmも傾斜も緩く藪もない(膝くらいまでの笹が茂る)ため、問題なく押せる。10分も押すと切り通しの峠。峠から北は、藪。しかもだんだんひどくなり、谷地に出る頃には、潅木と笹の中、進むのもつらい。谷地から先は不明瞭(沢から下に向かって右側に旧道のようなものがあったが崩壊気味)&沢沿いの薮のため、断念して引き返した。(中反から峠までのピストンなら、ランドナーでも問題ない。)(吉永)