《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 5152
峠名 銭瓶峠
読み せんびんとうげ
行政区 岡山県御津郡御津町芳谷/赤磐郡赤坂町山口
東経 133 度 58 分 36.000 秒 / 133.9767472
北緯 34 度 46 分 48.000 秒 / 34.78019167
標高 187
図版番号 NI-52-109-4-1
2.5万図 金川(南東)
5万図 岡山北部
20万図 高梁
道路種別
タグ
出典
航空写真 CKK-74-12-C22-11† / CCG-80-2-C4A-14, 15† / CCG-80-2-C5-14, 15, 16 / CKK-74-12-C6A-1
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経133度58分36秒, 北緯34度46分48秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概略

02/06/16に東側から敗退後、03/02/02に西側から再挑戦。大鹿の集落からまっすぐ北東へ延びる実線は、200mくらいで舗装が切れ、作業道になる。400m位は乗れるが、薮がひどくなり押す。実線路はすでに笹薮の廃道と化している。しばらく進むと道が広く開ける箇所があり、これを過ぎると丸太の橋を渡って、左奥の沢沿いに進む。黄色いテープがあり、これを目印に進むが、踏み跡が不明瞭になり、薮こぎで稜線に出て、稜線沿いを少し下って峠に出た。もっと手前で左に入る道があったのかもしれない。峠は鞍部は明瞭だが、周囲は倒木や落石が多く、廃道に近い。桜の集落への下りは、しばらくは笹のトンネルやイバラに悩まされながら押す。10分も格闘すれば作業道へ出、そのまま貯水池に下れる。地形図では破線は貯水池の西に下っているが、実際は東側に出た。佐倉側から登るほうが、道は判りやすい。(吉永さん)