《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 971
峠名 防地峠
読み ぼうぢがだお
行政区 広島県三次市西河内町/双三郡君田村藤兼
東経 132 度 50 分 56.000 秒 / 132.8488889
北緯 34 度 51 分 12.000 秒 / 34.85361111
標高 233
図版番号 NI-52-114-3-4
2.5万図 上布野(南東)
5万図 上布野
20万図 浜田
道路種別
タグ
出典 ふるさとの峠と街道,地形図
航空写真 CCG-81-2-C13B-3 / CCG-76-8-C8-10, 11 / CCG-76-8-C9-9, 10†, 11
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経132度50分56秒, 北緯34度51分12秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 江戸時代には「雲伯路」と称し、出雲、伯耆国など山陰側の国々と備後国をつなぐ脇街道の一つであった。『芸藩通志』に「雲伯路阿井越、三次より同郡吉田村まで里程凡二里廿七町」とし、途中に「藤兼村十三町ぼうじ坂、みのう坂あり」とこの峠が出ている(榜示山を越える故?)。防地(榜示)は封建時代の領主の所領や荘園時代の荘域など、ある一定の区画の境を示すためのもので、石や木、杭などでそれを示した。『芸藩通志』では「西河内村以下、三十村を飛田荘といふ」とあり、この境を示したものかとしている。あるいは中世の「入君保」(君田村の南半分)の四至を表した棒示の一つであったとする説もある。
 明治三十年代に江戸時代の道が改修されて県道となった。この時南側はおおむね旧道に沿って改修し、当時の面影は消えたが、北側は旧道を離れて道がつけられている。戦後、昭和四〇年代に幅員も拡張され、舗装化された。(「ふるさとの峠と街道」)
 各地にぼうじ峠があるが、この峠は地形図に記載されていない例。