《 | 》
| 検索 | 詳細表示 | 編集(コメント | データ | ルート) | 設定 | 統計 | 使い方 |

峠データベース・詳細表示

峠No. 5278
峠名 兵戸峠
読み ひょうどとうげ
行政区 大分県日田郡上津江村上野田〜熊本県菊池市原/川
東経 130 度 54 分 23.000 秒 / 130.9065028
北緯 33 度 3 分 55.000 秒 / 33.06529722
標高 679
図版番号 NI-52-126-2-2
2.5万図 立門(北西)
5万図 八方ヶ岳
20万図 熊本
道路種別
タグ
出典
航空写真 CKU-74-23-C23B-3 / CKU-76-1-C17B-6†, 7 / CKU-76-1-C18-17, 18, 19
地形図 国土地理院地形図閲覧システム
東経130度54分23秒, 北緯33度3分55秒
Mapion Mapion地図
Maintained by
 

■峠の概要

 日田往還と呼ばれ、熊本城下と日田とを結んだ道。熊本新町一丁目の札の辻を起点にし、峠には四里木が設けられていた。
 文政元年(1818)の大旱魃で菊池郡に水争いが起こり、その再発を防ぐためにこの峠に井手が築かれている。川原川の水をせき止め、四つのトンネルを掘って県境まで水を引くもので、川原川が流れる兵藤谷の「兵」と戸豊水村(現菊地市大字豊間戸豊水)の「戸」を取って「兵戸井手」と名付けられた。のちにこれが峠名にもなっている。(「九州の峠」)